c0004883_23103235.jpg


風に吹かれ泣いている

たくさん泣いて泣いて

泣いたっていい

明日への自分

ほんの少し大きくなればそれでいい




以前掲載の‘蒼を放つ’の桜の古木に何日か後に又、会いにいきました
その木は、もう花が終わり枯れて風に吹かれてました
花の命は短いけれど枯れるのは、又、一年後、素晴らしい花を咲かせる為
そんな姿も美しく感じたのです

たくさんのメッセージありがとうございました
休止のご挨拶をしたにもかかわらず、ランキングへのクリックをしていただいた方、
感謝します、ありがとうございました。とても嬉しく感じました。
未熟な自分です。小さなきっかけで電池が切れ、大きなきっかけでフル満タンです
こんな感じですので、休んだり動いたりです。
技術はまだ不足でも写真に対し、自然に対し、いつもありのままでいたい
正直にありたい、心に触れた1枚が手元にあってそれを出せる心でいれれば、
その時出していきたい、こういうスタイルです
おおざっぱなO型のはずが割りとまめで毎日のように更新してきました
今後は、なるべく不定期に心のままに続けて行きたいと思っています
まめまめなので又毎日になるかもしれませんが・・・ご期待なくお願い致します
こんな私の1枚を感じて頂けるのならば、又、今後もお付き合いして頂けると幸いです

温かな友に感謝を込めて     JUN
[PR]
by jun-eye1 | 2005-05-14 23:38 | ■桜 TOP↑ 
<< 落花 お知らせ >>